ぼやき掲示板

<<前を表示投稿件数:164件中(1919件目)次を表示>>

[162]杉原と在日、極左TBSの関係性[コメントする]
投稿者:マガトキヤミ 投稿日時:2019/04/13 15:00:07
netからの拾い物

確か、毎日新聞?の社説?書いた方は干されましたかね?

日本は反ユダヤにあらず

日本は確かにナチスドイツと同盟関係にあったが、ナチスの再三の要求にもかかわらずユダヤ人迫害に同調することはなかったからだ。

 たとえば1938年、首相と陸軍・海軍大臣などで構成する五相会議が決めた猶太(ゆだや)人対策要綱は、ユダヤ人迫害は「日本が多年主張してきた人種平等の精神に合致しない」として公正に扱う方針を打ち出した。その背景にはユダヤ難民を受け入れて対米関係改善を狙う思惑(河豚(ふぐ)計画)や、世界を一つの家と見る「八紘(はっこう)一宇」の思想もあっただろうが、「戦前の日本とナチスは違います」(ヘブライ大のベン・アミー・シロニー名誉教授)というのが常識だ。

 ユダヤ人に「命のビザ」を発給した杉原千畝(ちうね)、そのビザで日本に来たユダヤ人の滞在延長を助けた小辻節三(せつぞう)など、ユダヤ人が恩人と仰ぐ日本人も少なくない。


日本を貶めようとする悪意2 杉原千畝「命のビザ」キャンペーン

杉原問題の更に頭が痛い所は遺族が故人の功績を讃え広めるためのNPOを運営していて尚且つそのNPO通して遺族が「政府の命令に反してビザを出した事への報復で解雇された!」というデマを拡散させている張本人達である事です。一般論として外野よりも当事者が語る方がインパクト増しますからかなり厄介です。

更に彼らは2017年度のユネスコ世界記憶遺産への杉原ビザ関連資料の登録を目指し既に申請も済ませている模様です。杉原の人気からして恐らく日本国内で登録は大歓迎されるでしょう、、、でもそこに「日本政府の命令に反して」と書かれる事はまず確実です。外務省は懲戒処分を否定していますけど申請者たちがそういう認識を持っている上に、2000年に時の外務大臣河野洋平が遺族に謝罪しているので(だから第2の河野談話だと以前書いた)そうでなくとも分が悪い上に
「あの」ユネスコ記憶委員会ですからね、、中韓の「分かっている」人達は登録に大賛成するでしょうからちょっと阻止する方策が思い浮かばないです。

かくして「個人として日本の反ユダヤ政策に逆らった杉原が助けたユダヤ人を日本の迫害からかくまったのが上海」という上海ユダヤ難民資料館との合作でのユネスコ認定捏造史の出来上がりですね、、


反日極左TBSが「世界ナゼそこに?日本人」でイメージ画像で、さも事実に則した様な印象操作映像を垂れ流し、スタジオの賑やかし女性タレントの悲鳴を挟み込む等酷すぎる


日本が極悪な国家であるかの様に騙そうとするインチキTBSに、ヒロイックファンタジーでも飯の種に出来、名誉欲を満足させられるが故に、在日極左に利用される事を敢えて望む杉原の遺族共は、正に「信用に値しない連中」だと言っておく